シズカゲルは毛穴の開きに効果あり?

シズカゲルは毛穴の開きに効果がある


シズカゲルは、シミやシワといった様々な肌トラブルを改善しますが、毛穴のトラブルに関しても効果が期待できます。

WのビタミンC誘導体が毛穴にアプローチ


ビタミンCが毛穴に良いという話は聞いたことないでしょうか。
シズカゲルは持続型のビタミンC誘導体と脂溶性型のビタミンC誘導体を配合しています。

持続型ビタミンCとは

その名の通り持続的(安定的)にお肌にビタミンCをを与える事ができる誘導体です。
専門的な表現をすると「AA−2G」と言われています。
AA-2Gは、肌に塗る・飲む事で細胞の酵素と反応し「ビタミンC」と「グルコース(糖)」に分解され、それぞれの成分として働きます。

つまり、持続型ビタミンC誘導体(AA-2G)はビタミンCと同じ作用をするということです。
さらに、副産物のグルコースは体内にありふれた成分で、ブドウ糖とも呼ばれています。
血液中を循環していて、脳や筋肉のエネルギーとして使われます。
このように、グルコースは体内に残留しても特に悪影響はない高い安全性があります。


持続型ビタミンCは、高い安全性を保障し、安定的にビタミンCをお肌に届けることができる!


脂溶性ビタミンCとは

脂溶性ビタミンCは、ビタミンCに脂質(パルミチン酸)を組み込むことで、脂質のバリアを纏わせることに成功したビタミンC誘導体です。
最大の特徴は、長時間(24から48時間)体内に残りビタミンCを届けることです。
さらに脂質のバリアのおかげで、皮脂膜をすり抜けることができるため、角質層の奥までビタミンCを届けることができます。

さらに、副産物であるパルミチン酸(ヘキサデカン酸)は、飽和脂肪酸のひとつで、皮脂をコントロールする作用があります。
そのため、ニキビや毛穴の詰まり・開きに効果が期待できると言わている成分です。


脂溶性ビタミンCは、肌のコンディションを整える脂肪酸のバリアで角質層の奥まで、長時間(12から24時間)ビタミンCを届けることができる!

そもそもなぜ毛穴が開いてしまうの?

シズカゲルが毛穴の開きに対しても効果がある事が分かりましたが、そもそもなぜ毛穴が開いてしまうのでしょうか。

毛穴の開きには、皮脂の過剰分泌と毛穴のたるみが影響していると言われています。

皮脂の過剰分泌


皮脂は、皮脂線という毛穴のすぐ下で作られています。
そのため、毛穴に詰まりやすいのです。
長時間、何度も毛穴に皮脂が詰まった状態が続くと「毛穴が開いて」しまうのです。
一度毛穴が開くと本来の引き締まった状態に戻すのは難しく、またすぐに皮脂が詰まってしまいます。

これが毛穴の開き・黒ずみ、さらにはニキビなど様々な毛穴トラブルを引き起こしてしまうんですね。

特に、皮脂の分泌が多い思春期の10代や20代の若い世代に起きやすいと言われています。

毛穴のたるみ


年を重ねるごとに毛穴周辺が垂れ下がり、毛穴が徐々に開いてしまいます。
これは、誰も避けては通れない加齢が原因ですが、しっかりケアすることで、本来の毛穴に導くことは可能です。

加齢による毛穴のたるみが原因で、徐々に毛穴が開いてしまうんですね。

特に、肌の加齢が顕著に現れだす40代や50代に多い原因です。

シズカゲルが、本来の引き締まった毛穴へと導く

持続型ビタミンCと脂溶性ビタミンCの2つのビタミンC誘導体が、皮脂の分泌を調整し、毛穴のたるみを引き締めます。
また、ビタミンCの力で皮脂の酸化を防ぎ、毛穴の黒ずみも本来の姿へと導きます。
そしてシズカゲルに配合されている保湿成分で、適度な潤いを与え、美しい肌へあなたを導きます。


シズカゲルは、ビタミンCの力と保湿成分の力で毛穴の引き締めをしっかりサポートしてくれるのです!


王様のブランチや海外雑誌など数多くのメディアで紹介された今話題の美白化粧品【シズカゲル】の購入はこちら!






【シズカゲル】の口コミ│効果なしって本当?購入前に確認したいこと

 

サイトマップ