シズカゲルでニキビケア

シズカゲルはニキビケアにもアプローチしている

シズカゲルは、美白を目指す女性のために作られた医薬部外品の化粧品です。
コンセプトとしては「多角的に美白へアプローチする」です。
そのため、シミやしわ以外に毛穴の開き・黒ずみ・たるみ、そしてニキビに対しても予防効果が期待できます。



シズカゲルがニキビに効く成分は、ユキノシタエキス・グリチルリチン酸・その他肌のコンディションを整える成分です。

シズカゲルがニキビにアプローチする流れをみていきましょう。

ユキノシタエキスの抗菌・消炎作用がニキビを効く

ユキノシタエキスは、抗菌作用があるので、にきびの原因菌であるアクネ菌の増殖を防ぐ働きが期待できます。
そして、消炎作用もあるので、ニキビが原因で炎症を起こしてしまったお肌を鎮める働きもあります。
なので、炎症型のニキビである赤ニキビにより効果が期待できるといって良いでしょう。






抗菌作用で、アクネ菌の増殖を防ぐ

消炎作用により炎症を鎮める





さらに、ユキノシタエキスは、アンチエイジング効果・美白効果・DNA修復する効果までも持っています。

ユキノシタはシズカゲルの主力成分といっても良いですね。

グリチルリチン酸の抗炎症作用がニキビの炎症を抑える

グリチルリチル酸は、シズカゲルに配合されている成分の中では、よりニキビを意識した成分です。
肌の炎症を抑えることで、赤ニキビの悪化を防ぐ効果があります。
グリチルリチン酸も、ユキノシタエキスと同じく赤ニキビに効果が期待できます。






抗炎症作用で、赤ニキビの悪化を防ぐ




さらにグリチルリチン酸は、赤ニキビに以外にも肌荒れやアトピーに対して効果が期待できると言われています。


シズカゲルが、肌トラブルに対して多角的にアプローチできる理由は、この成分が大きく関わっていそう。

肌のコンディションを整える成分で、ニキビが出来にくい肌を作る

シズカゲルには、セラミドやオリブ油・シア脂、さらにマロニエエキスやスクワランといった多くの肌のバリア機能を高める成分を配合しています。

セラミドやシア脂は、高い保湿力とキープ力があり、お肌をしっかり保湿してくれます。
保湿をすることで、肌が過剰に皮脂を分泌するのを防ぐことができます。



さらに、ターンオーバーを促す働きを持つスクワランは、できてしまったニキビを修復する力を持っています。



バリア機能と修復

この2つを強化することで、シズカゲルがニキビを含む様々な肌トラブルを改善へ導いてくれるのです!


王様のブランチや海外雑誌など数多くのメディアで紹介された今話題の美白化粧品【シズカゲル】の購入はこちら!






【シズカゲル】の口コミ│効果なしって本当?購入前に確認したいこと


 

サイトマップ